お願いよくある相談事心理的な痛み予防いろいろ再発しない治療痛くない治療子供のムシ歯指導医、認定医診療時間アクセス医院紹介担当医紹介小児歯科矯正歯科はじめまして
PCサイトトップ> 小児歯科> 再発しない治療
乳歯だからこそ
再発しない丁寧な治療



乳歯は永久歯に比べて柔らかく、ムシ歯にもなり易いのですが、だからといって一度治療したムシ
歯が簡単に再発するのであれば何らかの原因があるはずです。
例えば、一般的に子供は大人よりも唾液の分泌量が多いため、大人と同様の治療手順では歯の詰め物の接着力が充分に発揮されず、詰め物の下でムシ歯が発生する例があります。

当院では小さなお子様の虫歯治療の際には、柔らかいゴムの膜(ラバーダム)で患部以外をカバーし唾液の影響の無い、再発しにくい治療を行っております。
ラバーダムの使用は一見窮屈そうに見えるのですが、歯を削る時に噴射する水が直接口に入りませんので、治療中に唾がたまって呼吸が苦しくなることが少なく、舌を動かしてしまった場合にも安心感があるため、治療中に寝てしまうお子様もいらっしゃいます。

また、進行したムシ歯の場合には歯の神経(歯髄)を抜いて詰め物をする治療を行う場合がありますが、歯髄には歯に栄養を供給する機能もありますので、お子様の歯の治療では、大人の歯の治療以上に、できる限り歯髄を温存する方針をとっております。



▲ラバーダムを使用した治療

e-矯正.com 河原田矯正歯科ミニHPはこちら
Copyright(C)2009, Sakura Dental & Kawarada Orthodontic Clinic, All Rights Reserved.